【隔月開催】中小企業がアイデアをカタチ(商品・サービス)にするための「ものづくり個別相談会」を開催します。

 

 新商品・新サービスの開発は、今までに経験がないステップが多く発生し、失敗のリスクが高くなりがちです。それを避けるためにも初期の段階でプロトタイプ(試作品)をつくって「ためしてみる」ことは大変重要です。特に中小企業の場合は、マーケットリサーチなどを大規模に行うことが難しいため、プロトタイプからユーザーの反応を得て改良していくことが成功の近道になります。この相談では、アイデアをカタチにする手法や技術に関してアドバイスをすることで、プロトタイプ製作のコストや時間を短縮して中小企業の新商品・新サービス開発をお手伝いします。

こんな方にオススメ
・中小企業経営者
・クラウドファンディングに興味のある方
・新商品・新サービスのアイデアを実現したいと思っている方
・アイデアを生み出す社員やチームを社内に持ちたいと思っている方 など

特別相談員

佐藤 忠彦 (さとう ただひこ)氏 <ものづくり空間ファブコア ものづくり相談担当者>
 大手FA機器メーカーでの研究開発を経て、岐阜県大垣市にある情報科学芸術大学院大学(IAMAS)に入学。在学中に友人と共に起業し、メーカーのデザイン見本やプロトタイプの製作を中心に他社の新商品・新サービスの開発段階に関わる。その技術や経験を生かして、大垣市にある「ものづくり空間ファブコア」にて、ものづくり相談などの業務を行い、地域の中小企業の新商品・新サービス開発の活性化を目指し活動している。またソフトピアジャパンのスマート経営応援隊として中小企業の支援も行う。

(「ものづくり空間ファブコア」は、公益財団法人ソフトピアジャパンが運営する3Dプリンタやレーザーカッターなどデジタル工作機器を備えた工房です。デジタル工作機器の利用や使い方を学べるサービスを提供しています。https://fab-core.jp/

特別個別相談会 詳細

とき<日時>令和4年5月10日(火)、7月12日(火)、9月13日(火)
<時間>9時45分、11時00分、13時00分、14時30分、16時00分 ※ 1組1時間(事前予約制)
ところ大垣ビジネスサポートセンター (ガキビズ)
(大垣市小野4丁目35番地10 大垣市情報工房2階 )
相談料無料
定員各日5組(先着順)
申込方法インターネットのフォーム、またはお電話(0584-78-3988)、
E-mail(info-ogaki(アットマーク)mb.ginet.or.jp ※(アットマーク)を@に修正してください)よりお申し込みください。