【ベーカリーツキアカリ】

パン屋オープンに向けた開業準備や情報発信、ビジネスマッチングをサポート

【相談内容】
 いつかお店を持ちたいという想いから、妻も好きだったパン屋をオープンすることにした。屋号は、TSUKIAKARI(築灯り)として、大垣市築捨町に灯りをともしたいと思っている。パン屋で修行もして、塩バターロール・クリームパンなどを定番のメニューに置く予定だが、オープンに向けてどのような準備やPRをしていったら良いか相談を希望。

【サポート】
 脱サラしてのパン屋開業や、父親が鉄工所として使用してきた建物をリノベーションして活用することなど、ご自身の想いやストーリー、オープンまでの道のりも強みやPRポイントになることをアドバイス。
 パン屋オープンということだけでなく、購買の理由にもなる共感ポイントも見える化するために、コンセプトの明確化・ホームページやSNS活用・情報発信のサポートを行った。

【結果】
●新聞やWEB媒体など、多くのメディアで取り上げられた。
●オープン初日から多くの来客があり、売上も順調に推移している。
●喫茶店へのパンの卸しも決まり、店頭販売以外の販路も確保。
●フードロスの解消にも繋がるパン予約アプリ「パンタベル」の東海初導入など、エコや福祉活動も積極的に行っている。

鉄工所をリノベーションした店舗
アプリで予約したパンを受け取る様子